あの中古車売却と「残債」のこと

 

中古車の買取り業者に見積もり査定を依頼したはいいけど、分割金を完済できていないということもあるでしょう。そんなケースでは、売却予定の自動車の所有が貴方自身なのか他の方なのかを始めに確認する必要性があるのです。

実際に、持ち主に関してどこを確認するとわかるのかといいますと、自動車検査証に記載のあるお名前の方がくるまの所有権者という訳です。

車を買うときに銀行等が提供する割賦払いを設定されたケースでは、こちらの「車検証」に載っている名前がご本人のお名前になっているのですが、自動車ローンを組んだのがクレジット系の会社などの際は氏名がその会社の名前になっている訳です。信販系で割賦契約を組む場合どうしてこのようにその会社をオーナーとして記載しているかと言えば、回答としては毎月の支払いが滞納されたときに、ただちにお車を差し押さえて確保できるようにするためです。

こうしたわけで所有名義がローン会社にある際はそちらの愛車を自分の好きに売ってしまう事はできないのです。何が何でも手放したいならまず支払いを全て終了させるか支払いローンの設定し直しをすることで持ち主をご本人に変更した後で売却することが必要です。ですが、現実問題こんな事が可能なのは今持っているお金がとても多い場合に限られます。だったらお金があまりない方はどういったやり方がよろしいのでしょうか。

そんな時には査定を行って頂いた車買取専業店に話してもらえると、車の買取金額から残りの返済分を返済し、所有者のところをご自身の姓名に直していただくことができます。手続きも全てを買取店に任せることができますので心配いりません。