きましたねローンが残っている車の売却のこと

 

お車買取店に買取査定をお願いしたものの、割賦払いを払いきっていない場合も考えられます。そんな際には、売ろうとする自動車の所有権があなた自身なのか他の人なのかどうかについてともあれ確認しておくことが必要となります。

ホントのところ、持ち主についてはどの部分を見るとわかるのかといいますと、「自動車検査証」に記載のあるお名前の人がお車の所有権者となります。

くるまを買った時に銀行が提供している分割払いを組まれた際は、こちらの「自動車検査証」に記載されているお名前がご自身の名前になっていますが、割賦払いを設定されたのが信販系の会社である際は氏名がそちらの名前になっております。信販系で割賦契約を組む場合どういう理由でこんな風に信販系の会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、回答としては月賦が滞納されたときに、ただちにマイカーを担保として確保することを考えている為です。

こんな事情から所有者名義が信販会社になっているケースではそちらの愛車を好き勝手に売却はできません。それでも売ってしまいたいならとりあえず返済を全部完済するか分割払いの組み替えをして所有権者を貴方の名前に変えた後で売ることが必要です。とはいっても実際問題こういった事が出来るのはその時点でお手持ちのお金がたくさんあるケースになってしまいます。それでは現金が無いのであればどんなやり方をするのが良いのでしょうか。

そんなケースでは見積もりをして頂いた愛車買取店に事情を話すと、クルマの売値から残った支払い分を返済し、所有者の部分をアナタの氏名に変更して頂くことができます。手続きに関しても全部買い取りのお店にオマカセ可能なので安心です。