きましたね中古車売却と残債に関して

 

自動車買取り業者に値踏みをしてもらったのはいいけれど、支払いを払いきっていない場合もあり得ます。そうした時は、売り払いたいくるまの権利が貴方自身なのか他の方であるかについて第一に見ておく必要があります。

実際に、所有者が誰かについてどの部分を見ると良いのかというと、「自動車検査証」に書かれているお名前の方が車の所有者という事であります。

くるまを買った時に銀行などの自動車ローンを組まれた場合は、この「自動車検査証」に記載のあるお名前が自分のお名前になっているのですが、割賦払いを設定されたのが信販系の会社であった時には氏名がクレジット会社の記載になっている訳です。信販系で割賦契約を組む場合何故このようにクレジット会社を所有者として登録しているのかと言いますと、それは月賦が滞ったりしたら、即くるまを差し押さえして確保できるようにするためです。

このような訳で所有権が信販会社にある時にはその自動車を勝手に売却することは出来ないのです。どうあっても売りたいなら支払いを残らず完済するかローンの組み替えをすることで所有権者を自分の名前に変えた後で手続きする必要があります。しかし、実際問題そういった事が可能なのはその時の手持ちのお金が余りある時という事に限られてしまいます。ではお金が不足している方はどういったやり方がいいのでしょうか。

こうした時には見積もり査定をおこなってくれたクルマ買取専業店に話してもらえると、クルマの買い取りの値段から残債の支払いの分を賄い、所有者の部分を自分の姓名に直していただくことが出来るという訳です。手続きも全部買取専業店にお任せできるので大丈夫です。