これが中古車査定と事故歴

 

古い愛車売渡をお願いしたときには、初めに鑑定を受けることになります。鑑定に関しては買取専門ショップの査定士することとなり、オークション市場の値段等から値段が出されることになります。

だいたい古い車ということで売りに出されているプライスの20~30%くらいが買取の値段と言われているようですが、人気のある車だったり、珍しい車種だったりする時には高い見積額が出るといった場合もあります。他にも、年式は新しい方が高額となります。一方、そういった買取り価格はクルマが万全な状態のときであって、完全じゃないときだと低く見積もられます。中でも特に修復歴などは見積に結構響きます。

修理歴とは言っても定義はあいまいですが、基本的には車両の基礎となるフレームの部分にまでダメになるような事故を経験してしまったクルマは事故車扱いになります。そのような事故歴のあるクルマはその後何かしらの被害が現れる危険性が有るので、見積価格に於いてはマイナスにされてしまいます。とはいえ、フレームにまで影響が無く、ボディを手直しした程度なら無問題ですが、でも修理歴としては付くことになります。

勿論、修理歴がついてしまいますので良くない被害はありますが、事故車より低い見積となることはありません。他にも、エンジン等に問題が発生している際にもマイナスという事で査定されますし、普段からの点検整備の状況が買取額に関わってきます。

このあたりはシロウトにはちんぷんかんぷんですが、値踏みを行う買取専業店の方ではきちんと状況を確認してくるでしょう。

どちらのケースでも修復歴はないことが自動車買取の値段をアップできるか否かの条件となります。