これは・・・中古車の査定のこと

 

中古自動車の買い受けの際は、最初にその中古車の鑑定をしてもらいます。車種といつのものかによって、ベースとなる標準時の額面の全容を把握します。これと比較し更に印象が良くなければ、金額を少なくするというような工程で処理されていくわけです。

一定レベルでの値段のことについては買取店の方で基礎的な金額というものを保有しています。コチラについてはお店同士のみで見られるもので、その額面は車の型式やいつのものかということから記されているものです。しかしながら、あくまでもこの数字は標準的なものであり、それ以上でも以下でもありません。プラスして、その額面よりもより高く買取をされたりあるいは安い価格で売る羽目になったりすることすら当然のようにある話です。

買取店側からすると可能な限り安値で引き取りたいですから、その店舗にもよりますが基準となる買い受けできる額を指し示した上で、それよりも低価格な方に行こうとしてきます。売り手側としてはできるだけ高値で譲渡したいので、この場合は強引に話を進めるのが良いでしょう。はたまた、買い取りについての金額が同調できなかった場合などは一旦見送りとし、話を棚上げ状態としておきます。そののちほかの店舗と交渉を進めていくわけです。

例えばここで額面的に今まで以上に高値となり納得できたなら、先の店舗とのやり取りは決裂でも問題はありません。つまり、売ろうとしている側が不満がないように話を進めていけばよいということです。何があってもしてほしくないのは、急ぎ足でプライスを結論付けてしまい、後から悔いるということです。プライスはあくまで強気にいく方が心残りはないでしょう。