これは・・・車見積りと「必要書類」とのことだけどどうなんでしょう

 

中古車を売り払う場合の方法には買取りや下取りという種類が有ります。下取に関しては、新しいクルマを入手したと同時に、これ迄乗っていた自動車を買取りしてくれるものです。その中古車がドライブが差し障りない状態だったとしたらプライスが期待できますが、古いものであった際は処分の為の費用を請求されるケースもあります。

下取の場合は専門業者が引き取るという事じゃないので、高値買取りは厳しいですが、おニューの愛車と交換をする形で乗り換えが可能な良い面があります。もう片方の買取はというと、それ専業のクルマ買取専門ショップにお願いして引受けをしてもらうものです。その手続きがややこしいなどの短所もあるわけですが、買い取られた愛車はユーズドカーとなって出回るのがそもそも大前提ですから、割と高い金額での買い取りが期待できるでしょう。

買取、下取どちらも売り払う時はいろいろ書類を前もって準備する必要があります。どういったものが必要なのかというと、車検証や自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券というものです。そのほか実印や印鑑証明書、住民票といったものも必要となります。

売却の時には譲渡証明や委任状も使うかと思いますが、それらは買い取り専門店にて用意してくれるでしょう。譲渡を頼むコチラ側としては、車検証、納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、実印と住民票および印鑑証明書が用意すべきものになります。鑑定の際もこれらについてはチェックが入るため、なくした時には再度発行してもらうこととなります。

たとえ無くしたケースでも見積もりそれ自体はして貰うことはOKですが、その場で即譲渡はできないので査定額に悪い影響が出ることになるでしょう。