ついでに車の買い取りとリサイクル料金に関して

 

ユーズドカーを売るときの手段といえば下取り、そして買い取りの2つが有ります。下取のケースというのは次の車を買う代わりに前の中古車を買い受けして頂くというものです。主として新車の販売店が引取りを行うので価格のほうは割と低目に見られるケースが多いです。

一方、買取りのケースはマイカー買取専業店がしているもので、中古の車として販売する事を予定に買取の金額を決定するため、どっちかというと高めの引取りが望めるでしょう。いずれにしても自動車を売却することであり、引き受けてもらう前に引受け価格を決定するための見積もりが行われます。

審査をして貰う場合に気になるのがリサイクル料になります。中古車審査で示される額というのはそのマイカーそれ自体のプライス、自家用車についてくるリサイクル料とか自賠責保険などを入れた値段の二種類が御座います。リサイクル料については自動車を入手した場合、もしくは「リサイクル料」が未払いのときには車検のケースで支払いとなるもので、将来的にお車を廃車にして解体処分するさいに必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルするためのコストという名目で使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体処分する際にJARSから支払されることになります。

料金はだいたい、軽で約8千円、国産自動車で10000円くらい、輸入車とかで15000円ほど、その他で2万円位を納める必要がございます。大半のお車買取りでは、これらのリサイクル料を自分のクルマのの買取り価格とは別で買取られるという事となるわけですが、リサイクル代金を入れて買い取りプライスだというケースも有り、買取をお願いする場合には先ずはチェックしておくことが大事なこととなります。