ついでに車売却とオークションについて思うこと

 

古い車を買い取って貰う手立ては、ちょっと前まではディーラーの下取か、中古車販売業者に対する売却というのが一般的でした。長い付き合いの自動車販売会社に下取りしてもらって、目当ての車を入手するという人がこれまでは多くいらっしゃいましたが、今となってはそうした方法をセレクトするお客さんは少数派だそうです。下取の場合が、比較するとお得じゃないことが発覚してしまったことと、オークションへ参加するという新しいやり方が知られ始めているからです。

中古自動車を専門とする「オークション」があって、ユーズドカーの販売業者や別の販売会社もそういった場所で売り買いをしていたりします。一般の人は参加出来ないものですが、代行のお店を使うことで、普通のお客さんだとしても所有車をAuctionで譲渡が出来る運びとなっています。もう片方のやり方のユースドカー専門ショップへの売却としましては、最初にくるまを審査してもらい、申し分ない買取額を提示されたら商談の成立という流れです。

古い車の専門ショップは、その入手した車をきれいに整備して店頭で売却したり、競りに出してみたりします。どの方式をセレクトするかは人によりますが、何れを目的にするかによって、ベストな方法は変わります。なんにせよちょっとでも高値で売りたい、だというのであるならば、Auction代行専門業者にお願いするのが一番高プライスで売れるのではないかと思います。とは言っても安堵して売りたい、信用できる買取店に売って、大切に乗ってくれる人に販売してほしいというのであれば、下取に出すか中古自動車専門ショップの方が安心かと思います。

代行の方に頼むケースでは、売れるまでメンテナンス料を経費として考えなくてはならないので、販売に時間がかかるなら手数料が割高となる危険性があります。ユーズドカー専門ショップなら次のユーザーが見つからなくてもお金を受け取ることが可能であるというプラス部分が存在します。