ついにきた、日本自動車査定協会の役割について

 

マイカーの下取や買取の時には、初めに査定をやります。この場合の査定とは、お客さんから下取りや買取する際に適正な評価を下す為の作業であり、そのためには多くの人から納得され、プラス承諾されたやり方で行わないといけません。ただし、客側からしますと、審査がどんなふうにおこなわれてるのか正確には把握していなかったり、フェアな仕方で調査されているのかはなかなか分かっておくことが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても審査というものはマイカーの価格を確定させる大変決め手となる過程ですので、やり方や考えにさまざまなものがあると社会が混乱する理由にもなってしまうわけです。

そんなカオスを発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という機関があり、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会呼ばれるものは、厳正な値踏みが拡大するように動いている機関であり、ユーザーが無事に値踏みに出せて、しかも納得できるシステム作りの務めをしています。

実際の中身としては、例を出すとキチンとした査定士を増加させるための資格試験をおこなっており、査定協会が行っている学科や技能研修というものを受けて、それから「査定士技能検定試験」に受かることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が受け取れます。そうした上で査定士として働く為には教会へ登録することが必要となり、健全な基本的なことや決まり事をもってお客さんのくるまの品定めを行います。つまりはしっかりした査定を行う為の資格を保持している人間が査定を実施しますので、消費者も不安な思いをせずに買取とか下取に出すことができるのです。