どういうこと?中古車屋さんに車を売る時のことを考えてみた

 

車の売買の時は、最初にその車の見積もりをします。車種と何年式かによって、基となる状態での値段の目安を把握します。これと比較し更に実態が良くなければ、鑑定額を減額するというような手順でやられていくわけです。

標準時のプライスについては買い取る側で目安の数値を保管しています。こちらは業者同士だけで回されているもので、その値段はその型式やいつのものかということから記されているものです。ではありますが、あくまでこの金額は標準的な数字であり、それ以上のものではないものです。加えて、その値段よりも高値で買い取って貰えたり、ないしは安く買い取られたりする事だって当然ながらあり得る話です。

業者側としてみればなるべく低価格で買い取りたいわけで、ショップにもよりますが基本となる買い受けできる額を指し示した上で、さらにロープライスな方向へ話を持っていこうとします。売りたい方の気持ちはちょっとでも高い値段で売りたいわけで、この場合は一気に話を持っていくのがいいと思います。もしくは、売却に関しての査定額が歩み寄れなかった時などは一旦見送りとし、話を棚上げ状態としておきます。そののち別のお店と調整をやっていくのです。

仮にそこでプライス的に更に上げられて納得がいけば、先の業者とのやり取りはおじゃんになっても問題ないはずです。言い換えると、売却する方が納得できるように話を進めていけばOKなのです。絶対にやめてほしいのは、あわただしく値段を結論付けてしまい、後になって残念な気持ちを残すことです。売値については限りなく強気な攻めた方が悔やむことはないでしょう。