どういうこと?車売却と必要書類

 

クルマを処分する時のやり方としては買取り、または下取といったやり方がございます。下取りは次の自家用車をゲットした時点で、前乗っていたマイカーを引受けして頂くものです。その自動車が乗車が可能な車だとすれば価格が付きますが、とてつもなく古すぎる場合だと反対に処分の為の費用を求められるケースもあります。

下取してもらう場合は専門業者が買取りするという事ではない訳ですから、高い金額での譲渡はムリでしょうけど、新しい愛車と取り替えるような感じで乗り換えができる良い点があります。もう一つの買取ですと、専業のユースドカー買取専門ショップに頼んで買い取りをして頂くといったものです。その時期が難しいなどのデメリットが有るわけですが、引き取られたお車はユースドカーとなって出回るのがもともと前提ですから、思ったより高値売渡が期待できます。

下取、買取どちらであっても譲渡の場合には様々な書類を前もって準備しておくことが必要となるでしょう。どんなものが必要かといえば、車検証の原本と自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。そして実印と印鑑証明や、住民票といったものも必要となります。

引取りの場合には譲渡証明書や委任状等も使うかと思いますが、それらはお店の方にて用意してくれます。引取りをお願いする側としては、自動車検査証、納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、住民票と実印あとは印鑑証明を準備しておきましょう。値踏みの時もこれらについてはチェックされるため、紛失のケースでは再発行していただくことが求められます。

万が一紛失のケースでも査定それ自体は受けることは出来ますが、その場で引取りは出来ないため査定金額に悪い影響が出ます。