今日は買取や下取りのリサイクル料

 

自分の車のを処分する時の手順としては下取り、そして買い取りの両方があります。下取りの場合というのは次の自分の車のを買う時一緒に古いクルマを引き受けてもらうというものです。大抵ディーラーが引き受けをすることになるため買取金額はわりと低目になることが多いです。

一方で買い取りのほうは自動車買取り専門の業者がしているもので、ユースドカーとして販売することを前提に買い取りのプライスを決定するため、どちらかといえば高値での買取が期待できるでしょう。いずれにしても中古車を売却する事であり、売却をする前に買取り金額を決めるための鑑定がされることとなります。

鑑定をおこなう際に気になるのはリサイクル料です。ユーズドカー値踏みで提示される額としてはくるまそのもののプライス、中古車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等を含んだプライスの二つの種類が御座います。リサイクル料については自動車を買った時、もしくは「リサイクル料」が未納だった場合には車検を受けたさいに支払われるもので、将来、自家用車を廃車にして壊してしまう場合必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする際の代金となって使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、壊してしまう際にJARSから支払されるということになります。

代金はだいたい、軽自動車なら8千円位、国産車だと1万円程、外車等で1.5万円くらい、その他で20000円程をいれる必要があったりします。多くの中古車引き受けの場合、そういったリサイクル料金を自動車の引受金額とは他として引受けされるということになるのですが、リサイクル代金を入れて買取りプライスだという場合もあり、引受を希望という際には先に確認しておくことが大事なこととなります。