使った自動車を売りわたす場合の手立てに関して、ここでなるべく確認しておきましょう

 

中古車を売却するときの進め方には買い取りと下取りのどちらかが御座います。下取の場合はおニューのマイカーを購入する際、これまでの使用済みの車を買い受けして頂くというものです。大抵は新車の販売店が買取をすることになるためお値段のほうはどちらかといえば低く見られる場合が多いです。

一方で買取りのケースは中古車買取専業店がやっているもので、使用していた自動車という名目で売ることを前提に買上の額を決定するため、どっちかといえば高額な買受が期待できます。どっちにしても中古自動車を買い取ってもらうことであり、引き取ってもらう前に引き上げ金額を決定するための値踏みが行われることとなります。

品さだめをして貰う場合気になるのがリサイクル料です。使用済みの車の診断で出される価格というのはそのくるまそれ自体の金額、ユーズドカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などをプラスしたプライスの二つの種類がございます。リサイクル料に関してはその使った車を購入した時、若しくはリサイクル料が未払いの場合には車検の際に支払いになりますので、先々ユースドカーを廃車として壊してしまう場合必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などをリサイクルする際の費用ということで使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまうさいにJARSから払われることとなります。

その際の料金はだいたい、軽自動車であれば8千円位、国産車で1万円程、外国製自動車などで1.5万円ほど、そのほかで2万円程度を納める必要性があったりもします。たいていの自動車買上げでは、こういったリサイクルの代金を使用していた自動車の買受け価格とは別として買い取りされることとなりますが、リサイクルの料金を含めて買い取り価格となってるケースも有り、引き受けを望んでいる場合には先にチェックしておくことが求められます。