使っていた自動車を売り渡すときの方法の事を、こちらのページでしっかりと把握しておきましょう

 

中古の自動車を売りはらう場合の手立てには下取、そして買取というのがありますよね。下取りの場合は新しい所有車を入手するかわり、これ迄お乗りの中古車を引き受けてもらうというものです。大抵新車のディーラーが買取をすることになるので買取額としてはやや低く見られるケースが多いです。

一方で買い取りのほうはマイカー買取り専門の業者が行なっていて、中古の自動車として売ることを前提として買受の値段を決定するので、意外と高プライスの引き受けが望めます。いずれにしても使った自動車を売る事であり、その前に引き取り額を決定するための査定がおこなわれることとなります。

見積りをしてもらう際に気に掛かるのはリサイクル料となります。中古車の評価で提示されるプライスというのはユーズドカーそれ自体の値段、お車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料などなどいれた金額の二種類が存在します。リサイクル料に関してはその使用していた自動車をゲットした際、又は「リサイクル料」が未払いだった場合には車検の際に支払いになりますので、将来、使った自動車を廃車として壊してしまう時に必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等々リサイクルする時の料金となって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、壊してしまう時JARSから支払われるということになります。

代金はだいたい、軽であれば8000円位、普通車で約1万円、外国の車等だと15000円ほど、それとは別に約2万円ほどを入れる必要が御座います。大半のu-car買上だと、こうしたリサイクル料をユーズドカーの買上額とは別個で引受されることになるんですが、リサイクルの代金を含めて引き受け値段となっている場合も有り、見積もりを希望というさいにはまずはチェックしておくのが大事な事となります。