使用していた車の引き上げの金額に事故歴というものはどれぐらい関わってきますでしょうか

 

中古車の引取りの方を希望したときには、一番最初に審査を受けることとなります。その場合の審査額に関しては買い取りの専業店の担当者がおこなう訳ですが、自動車市場の値段などから算定されるといったワケです。

大概は不要車として売られている額の2~3割位が買取り価格と言われているようですが、売れ筋のクルマであったり、珍しいクルマ等のときには想像以上のいい金額がつく場合もあるのです。ほかにも、製造年は新しい方がモチロン高くなります。ただ、こういった買取り価格はその中古の車がパーフェクトな状態の場合であって、万全ではないケースだと低く査定されます。中でも特に事故歴なんかは買取の値段に相当関係してきます。

事故車とは言っても定義は微妙なところですが、とりあえず車の本体であるフレームの部分にまでダメになるようなアクシデントを経験してしまったお車は事故車となってしまいます。こうした事故車はいずれ何かしらの悪影響が出る危険性が有るので、買取金額についてはマイナスになってしまいます。一方、フレームの部分までダメージがなく、ボディを手直しした位だったら無問題ですが、とはいえ修理歴としてはつくことになります。

言うまでもなく修理歴は付きますのでデメリットの影響はあるものですが、事故車に比べて安く見積もられることは無いです。また、エンジン等に面倒が出ているさいもマイナスという事で見られますし、常々の点検整備の状態が査定額に関わってきます。

そういったところはトーシロにはわからないところですが、見積りをしている専門ショップとしてはシッカリとその部分もチェックしてきます。

どっちにしても修復歴としては無いことが愛車見積もりに関して上げられるかどうかの条件となってきます。