使用していた車の引き取りについてはローン終了前であっても大丈夫?チェックしていきましょう

 

使用した自動車の買取店に格づけを依頼したはいいけど、割賦払いを払いきっていないなどといったことも無くはないでしょう。このようなケースでは、売却希望のクルマのオーナーが自分なのか誰かほかの人であるのかを何はともあれ把握しておく事が必要です

ホントのところ、持ち主についてはどの部分を見れば把握できるのかというと、「車検証」に記載のある氏名が古い自動車の所有権者となるワケです。

今の車を入手した際に銀行系の自動車ローンを設定したケースでは、この「自動車検査証」に記載のある氏名があなたの名前になってるはずですが、自動車ローンを設定したのがクレジット会社などの場合ですとお名前がローン会社の名前になるはずです。信販会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこんな形でクレジット会社を名義人として登録してるのかと言えば、その理由としては毎月の支払いが止まったときに、すぐにそのくるまを担保という形で確保することを考えているからです。

こうした事情から持ち主名義がクレジット会社にある場合はそのおくるまを自分勝手に売り払う事は不可能です。とにかく売却したいならまず残債を完全に支払するか月賦の組み替えをすることで名義を貴方の氏名に変えた後で手放す必要性が出てきます。しかし、実際問題そんな事が可能なのはその時点で手持ちの資金が豊富にある時という事に限られてしまいます。だったらお金が足りないケースではどうすることがよろしいのでしょうか。

こういった際は審査をおこなってくれた中古の車買い取りのお店にご相談いただけると、使った自動車の買値から残った支払い分をキレイにし、所有者のところを貴方自身のお名前に変えて頂くことが出来るという訳です。手続きも全てを買取ショップに任せられるので大丈夫です。