使用済みの車を売り払う場合の段取りに関わることを、こちらのページでできるだけ確認しておきましょう

 

ユースドカーを処分する場合の手立てというと買い取り、そして下取りの両方が有りますよね。下取のケースというのは次の車を手に入れる際、これ迄乗っていた使用していた自動車を買受して頂くというものです。殆どは新車ディーラーが引受をするので買取プライスとしては割と低価格に見られがちです。

もう一方の買取りのケースはクルマ買取専業店がおこなっていて、古い車という名目で売却することを予定して買受のプライスを決めるので、どっちかといえば高プライスの買取りが望めるでしょう。いずれにしろ不要車を引き受けてもらうことであり、売る前に引き受けプライスを決定するための診断が行われることとなります。

品定めをしていただくさいに気に掛かるのは「リサイクル料」です。u-car審査で示される価格としては愛車それ自体の額、自分のくるまのに付いてくるリサイクル料や自賠責保険等々含めたプライスの二種類が有ります。リサイクル料はユーズドカーを購入した際、又は「リサイクル料」が払われてなかったケースでは車検を通した場合支払いとなるもので、のちに使用していた車を廃車として解体する場合必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルする為の料金として使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体する場合にJARSから払われるということとなります。

その場合の費用はだいたい、軽で8千円ほど、国産車であれば1万円ほど、外車とかで1.5万円くらい、その他で2万円くらいを入金する必要性があります。たいていの中古の自動車買上げですと、こうしたリサイクル料を使用していた車の買取り価格とは別ということで引受されることとなる訳ですが、リサイクル料をいれて引き受け値段であるという場合もあり、引取りを頼む際にまずはチェックしておくということが重要です。