例の中古車の査定とのことだけどどうなんでしょう

 

ユースドカーの買取となると、最初にその中古車査定をおこないます。その車と何年式かによって、基礎となる状態での額面の理解をしておきます。ここから更に印象が良くなかったら、査定金額を少なくするという順序で行われていくこととなります。

標準状態の金額に関しては、買取店の方で目安のデータを保管しています。これについては業者間でのみ流通しているもので、その額面は車種と年式によって記されているものです。ではありますが、あくまでこの額面は基準となる数字なのであり、それ以上の意味はございません。プラスして、その金額よりも高い金額で買取をされたり場合によっては安く買い取られたりする場合も当然のようにあり得ます。

お店の立場としては可能な限り低い金額で引き取りたいですから、お店にもよりますがベーシックな買取標準価格を示した上で、それ以上に低価格な方に話を持っていこうとします。こちら側の考えではわずかでもいい条件で手放したいので、このケースでは強引に話を持っていくのがいいと思います。あるいは、引き取りに関する見積が譲り合えなかった場合などは繰り延べし、話を棚上げ状態としておきます。そのあとほかの専門ショップと話し合いを進めていくわけです。

そこでもしプライス的にもっと高くなって納得できたなら、前のお店との商談は破談となっても問題ないはずです。即ち、売却する方が満足がいくように交渉を進めていけば良いというわけです。何をおいても回避したい状況は、急いでプライスを結論付けてしまい、あとから後悔をすることです。プライスはなんといっても強気でいく方が後悔はしません。”