改めて中古車査定と必要書類に関して

 

クルマを売却するケースにおいてのやり方には下取や買取といった手続きがあります。下取に関しては、おニューの愛車を購入した時点で、今迄の自分のクルマを買取りして頂けるものです。そのクルマが運転が差し障りない状態だとすればプライスが付くのですが、度を超えて中古な際は反対に廃車にするためのコストを要求されることも考えられます。

下取してもらう場合は専門店が買取りする訳ではないので、高値買取りは難しいでしょうけど、おニューのお車と取り替えるような形で乗り換えを可能ないい面があります。もう片方の買い取りの場合は、それ専業の車買取り業者に頼んで引取りをしてもらうものです。タイミングが難しいなどの良くない点も有りますが、引受けされた自分のクルマは中古自動車として市場で取引されることが決まっておりますので、割と希望するような価格での売却が期待できるはずです。

下取、買取どちらのケースでも引き渡す時は必要書類を先に準備する必要があります。その必要書類ですが、自動車検査証、納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。また実印と印鑑証明、住民票等も必要です。

買い取りの場合は委任状や譲渡証明書なども必要書類になりますが、そのあたりは買取り業者で用意してくれるでしょう。譲渡を希望するこちらとしては、車検証、自動車税納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、実印と住民票および印鑑証明を準備しておきましょう。見積もり時もそれらに関しては確認されるので、無くしたケースではもう一度発行していただく必要がございます。

万一無くても審査自体はして頂くことは出来るのですが、その場で即引受けはできないので見積額に何か影響が出てしまうでしょう。