改めて中古車買取とリサイクル料

 

ユーズドカーを処分する際の仕方といえば買取、そして下取というのがあります。下取のケースはおニューのお車を手に入れる時一緒に前の中古車を引き取って頂くというものです。主に新車の販売会社が引受をするため買取額は割と低めに見られるケースが多いです。

もう一方の買取のケースは自動車買取専業店が行っており、ユースドカーとして店頭に並べることを予定して買取りの金額を決定するため、わりと高めの引き取りが期待できるでしょう。いずれにしろ自分のくるまのを売却する事であり、売却をする前に引取り金額を決定するための見積もりがおこなわれます。

審査をして頂く場合気に掛かるのがリサイクル料です。自動車鑑定で出される価格としてはその車本体の額、自分のクルマのに附随するリサイクル料や自賠責保険等々含んだ価格の二種類が存在します。リサイクル料については自動車をゲットしたさい、または「リサイクル料」が未払いだった場合ですと車検を通した時に支払われるもので、のちに自分のクルマのを廃車として壊してしまうさいに必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどなどリサイクルする際の費用として使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、処分する場合JARSから払われるということとなります。

代金はだいたい、軽だと8000円くらい、国産車だと1万円ほど、外車等だと15000円位、それ以外で20000円ほどを入金する必要があったりもします。大抵の中古車引き取りの場合、これらのリサイクル料金を自家用車の引受価格とは別で引き取りされるというようなこととなるわけですが、リサイクル代金をいれて引受け金額となっている場合も有り、買取を希望という時先に確認しておくということが大事なこととなります。